言葉を聞き取る力


聴力検査についてお話させていただきます。

 

先ずはよく知られている純音聴力検査。

 

ヘッドホンをつけて、

音がピーとかプーとか高い音や低い音が

順番に流れて、

聞こえたらボタンを押す検査です。

 

この検査では、各周波数の聴力が、

どれくらい低下しているかが分かります。

 

この検査で分かるのは、

”音を聞き取る力”です。




それともう一つの検査が、語音明瞭度検査。

 

『ア』とか『カ』などの言葉を

1音ずつ聞き取り、

正答率を調べる検査です。

 

このようにする事で、音以外の音声の

理解力を知る事ができます。

 

この検査で分かるのは、

"言葉を正しく聞き分ける力"です。




人は耳で受け取った音が、

脳内で分析、照合、認識されることにより、

言葉として理解できます。

 

聴力が低下したままにしておくと、

脳が分析作業をしなくなるので、

語音明瞭度検査の結果が悪くなってしまいます。

 

補聴器装用すると、

音を必要なだけ大きく合わせることができますが、

言葉を聞き取る力が弱いと

補聴器を装用しても音しか聞こえません。




よって補聴器は早期装用がおすすめです。

 

最近、聴力が低下したと感じられている方は、

是非お早めに聴力検査にお越し下さい。

 

1週間ほど貸し出し用の補聴器をご用意しております。

 

21本店では、雑音の少ないもので、

耳掛け式でだいたい6万3千円ほどからございます。

 

聴力検査、試聴、共に無料でできますので、

是非ご来店くださいませ。