21は社内を全て丸見えにして

日本一の安さを

追求しています


㈱21は、1986年に広島県のシェア6割を誇る

大手メガネ店を退職した数名が、

知名度も、顧客も、資金も無いところから

立ち上げた会社です。 

大手競合他社に負けず、

無名のメガネ店が生き残り、

最後に潰れるメガネ店を目指すためには、

競合他社が真似できない、圧倒的な商品の安さを

提示するしかないと考えました。


徹底的に効率化し

経費削減をする


経費削減を最も効率良く、

最大限に達成するために、

例えば、各店売上、財務状況、

全員の給与明細など、

会社についてのほとんどの情報を

社内ネットを通じて

全ての社員が見ることができるようにしています。 


社長の給料を

新入社員が

見ることができる!?


例えば、社員の給与も給与明細にして渡せば、
印刷代や手間がかかりますが、
社内ネットで全社員の給与明細をオープンにすれば、
その費用を削減することができます。

『え?給与が見られたら問題が起きそうだけど、、、。』

と思われると思いますが、

21は全ての情報を公開しているということは、

全社員の会社への貢献度も

全て丸見えなわけなので、

 

問題は起きておらず、効率化ができています。

情報を非公開にすることは、非効率な上に、

社員を疑心暗鬼にし、

やる気もモラルも低下させていきます。

21はそんな会社にしたくないから

全てを公開し、嘘偽りない会社にしています。


本部はパート社員

4名のみ


全てをオープンにした結果、

通常の会社では

当たり前のことが不要になりました。

何かあると社内ネットの掲示板に書き込むため、

会議はありません。

管理職も21にはおりませんので、

社長も店頭で接客しています。

本部の社員はパート社員4名だけです。

年間の人件費はなんと、

全員合わせて600万円ほどです。

これは年間売上25億の会社では

あり得ない本部の人件費です。

本部社員4名を除く全ての社員が

会社の業績アップを目指して、

賢明に働くので、

最小経費で最大の労働効率が引き出せる、

超合理的な組織であると自負しています。


原価率は71.9%

(2021年公開)

21の原価率は71.9%です。

メガネ店の大手上場企業の原価率は

30%前後ですので、その差は圧倒的です。

どこの会社もそうですが、

大手企業ほど取引量が多くなるので、

仕入先から値引きがあり、

お安くすることができます。

 

21は中小企業なので、

大手企業よりも取引量が少なく値引きが

少ないですが、徹底的な経営の合理化により、

利益を少なくしているため、大手企業よりも

商品をお安くすることができます。


21はセールをしません

21がセールをしない理由は、

いつ来ていただいても

同じ値段で買えるようにするためです。

セール期間を設けると、

例えばセール前日に買ったメガネが

1日経っただけで安くなって不公平が起こります。

たしかにセールをすることで

沢山のお客様がいらっしゃるかもしれませんが、
セール品が品切れになったり

お店が混雑して

ご迷惑をお掛けすることにもなります。


セールなどに使う経費があるなら

商品の値下げなどに使い、
より多くのお客様に

喜んでいただきたいと思っています。

そのような理由からセール期間はありませんが、

常時ブランドフレームが4割引(一部2~3割引有)、

レンズはニコン・セイコーのブランドレンズを

(ホームページに掲載されている正規品)

どこよりもお安くさせていただいております。

レンズ価格はメーカーさんの

お墨付きをいただいております。


21の安さの秘密を

簡単に説明させていただきましたが、

もし、興味をもっていただけましたら、

詳しくは弊社HPに

パート社員による『千春論文』

掲載しておりますので、

是非ご覧くださいませ。

メガネ21 本店

open 10:00    close 19:00

毎週木曜定休日

 

〒731-5135   広島県広島市佐伯区海老園1-4-43   Tel: (082)922-0021

 

SHARE